溝口式分析学プレ講座

職業能力適正・バイオリズム診断「無料講習会」

職業適性診断

感情のコントロールセミナー

イライラする自分に後悔したことはありませんか?

そんなつもりじゃなかったのに、ちょっとしたことにイライラしたり、思わず怒鳴ってしまったり。後悔して自己嫌悪する、そんな経験はないでしょうか?
そのせいで仕事が滞ったり、失敗する。もっと落ち着いて対応できれば、仕事は円滑に進むのに、どうしてもうまくいかない。そんな悩みを持ってはいませんか?

一流のビジネスパーソンは、どんな場面でも冷静に落ち着いて対応し、ベストな結果を生み出します。あなたとはいったい何が違うのでしょうか?持って生まれた才能?運?経験?そうかもしれません。
しかし、最も重要なポイントは違います。

あなたがまだ知らない技術を彼らは持っているのです。

その技術を身につけることができたとしたらビジネスパーソンとして、リーダーとして、教育する立場としても能力を発揮できるのではないでしょうか。

もっと穏やかな気持ちで人と接したい。常に冷静で最高のパフォーマンスを発揮したい。そう思われるならこのまま読み進めてください。きっとあなたの役に立つでしょう。

あなたの成功を感情が邪魔しているかもしれません

「本番に強い」スポーツ選手というのは、ただ能力が高いのではなく、チャンスに最大の能力を活かせる力があります。それは、感情のコントロールです。心を落ち着かせ、チャンスをものにするのです。

ビジネスの世界であっても、大事な場面で、能力を最大限発揮するためには、感情をコントロールする必要があります。

怒りにまかせた言動をしてしまったり、不安や恐怖から行動をためらったり、緊張や焦りで失敗してしまったり。感情をコントロールできず、心の乱れがある人は、能力があってもその感情がブレーキとなり、力を発揮することができません。
さらに、そんな人を信頼し、ついていこう!協力しよう!と思う人もいないでしょう。

感情がコントロールできないということは、成功がどんどんあなたから離れていくということなのです。

感情をコントロールする技術とは

人は感情の生き物です。人の感情は、刻々と変化し、気づかぬうちに言動に影響を与えています。このまま感情の変化に気づかず、ただ流され続けるならば、あなたの行動はこれまでと何も変わりません。怒り、不安、恐怖、緊張、焦りといった感情に振り回されるばかりが続くでしょう。

しかし、
・感情の変化に気づき
・感情を最適な状態へ変化させる
この2つの技術を身につければ、感情をコントロールし、あなたの能力を最大限に発揮することができるのです。そんなあなたを、周りの人は信頼し、魅力的に感じるでしょう。あなたの言動が変われば、あなたに対する周りの言動も変わります。物事は好転し、成功へとどんどん近づいていくのです。

溝口耕児が伝授する感情のコントロール技術

10万人の個人指導、800社以上の企業へのアドバイスを行なってきた溝口耕児。方向性や戦略といったアドバイスだけでなく、感情をコントロールし、能力を引き出す技術を伝えることで、ビジネスでも人生でも成功を手に入れるお手伝いをしてきました。

感情をコントロールする技術は、小手先のテクニックやノウハウではありません。アメリカではアンガーマネージメントと言われるスキルの一つです。

テクニックやノウハウは一時の成功をもたらすかもしれませんが、時代の変化に左右され、いずれは衰退してしまいます。また、いくら身につけても、発揮できる状態でなければ意味がありません。
変わることのない人間の本質である感情をコントロールする技術は、時代に左右されず、能力を発揮するベースとなります。すなわち、成功を手に入れる基礎であり、継続的な成功を手に入れることができるものなのです。

その感情のコントロール技術の極意をお話したセミナーが

感情のコントロールセミナー
『経営者・管理職・リーダーのためのアンガーマネージメント』
〜一流がたどり着く感情の心理技術を身に付ける〜

です。 この技術をより多くの方に知っていただき、成功を手に入れてほしい。そんな思いから、今回DVDとしてご提供いたします。

このDVDを視聴すれば、感情に振り回されずコントロールし、ビジネス、人間関係、人生をもコントロールする技術を得ることができるでしょう。今までと同じ生活ではなく、一歩進んだ新たなステージへ踏み出す力を手に入れてください。
さらにこのDVDをお手元に置き、繰り返し視聴すれば、何度でも学びなおすことができます。たとえ一度で全てを身につけることができなくても、忘れてしまっても心配いりません。むしろ忘れてしまうという人間の未熟さを受け入れ、何度でも繰り返し視聴することをお勧めします。

感情のコントロールセミナー

『経営者・管理職・リーダーのためのアンガーマネージメント』
〜一流がたどり着く感情の心理技術を身に付ける〜

感情のコントロールセミナー

第1章「感情の科学」

第2章「感情の本質」

第3章「感情のポジティブコントロール」

著者紹介

溝口耕児とは

1953年 岐阜県恵那郡明知町 生まれ
1985年 新聞社系列ホテルにて、史上最年少の総支配人に就任
その後、独立。
アメリカで3年間かけて習得した分析学をベースに、日本の国民性や社会性にあわせた微調整を行い、独自の【溝口式分析学】を確立し、これまでに10万人のセラピストカウンセリング・アドバイジングを実施。
個人に限らず500社余りの法人への成功サポートに寄与。
現在は、海外を含む70社と顧問契約を締結し、法人以外にも、政財界、芸能界、プロスポーツ界、著名人など。広範囲に渡るクライアントを持つ。 全国に250名ものお弟子さんも活躍中。
個人・法人向けのアドバタイジングだけにとどまらず、講演、社員研修、アドバイザーの育成、出版など、活躍は多岐にわたっている。

著書紹介

あなたの仕事がうまくいく12の才能(ギフト)

10万人以上のアドバイジングをへて確立した 「LAMS型」 分析は、人間が潜在的にもっている職業適性のありようを示したものです。
過去の偉人や、現在活躍する著名人は、知らず知らずのうち 「LAMS型」 分析を活かした行動をしているのです。苦労しても得られるものが少ない人生から、迷いのない、自分らしい人生を生きるための羅針盤、それが 「LAMS型」 分析です。
就職や転職の際の目安として、また、現在の仕事において、自分の能力を活かした取り組み方、働き方の指針として、活用することができる内容。

なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?

潜在意識よりもさらに奥、人間の意識でいちばん深いところ… 「超意識 (スーパーコンシャスネス) 」成功者やプロの世界で活躍するスポーツ選手は、一様にこの 「超意識」 の力を発揮してきました。この 「超意識」 は、トレーニングしだいで、誰でも手にすることが可能です。
いまの自分を超える 「超意識」 の力とは何か?
そして、どうすれば 「超意識」 をつかうことができるのか?
あなたの人生を変えるための行動プログラムがぎっしりと詰まった、実践のための手引書。

潜在能力が目覚めるバイオリズム

人間にはさまざまな潜在能力が存在します。それらの能力は、自ら引き出そうとしなければ出てこないもので、多くの人は眠らせたままです。
「バイオリズム」 を活用することで、眠っている潜在能力を目覚めさせ、最大限に活かすことが可能になります。
より良い結果、成果を得るには、いつ動けばいいのか?
どうすれば、自分の潜在能力をフルに発揮できるようになるのか?
著名人を例に挙げ、成功に必要なベストのタイミングを理解し、自らの人生に活用することが可能となる内容。

講演・セミナー実績(一例)

  • 「名桜大学 セミナー」
  • 「バイオリズムセミナー」(東京・大阪・福岡)
  • 「不況に仕事がうまくいくための成功哲学」
  • 「潜在能力200%活用法」
  • 「出版記念セミナー【あなたの仕事がうまくいく12の才能(ギフト)】」
  • 「本能を呼び覚ませ!アメリカの成功哲学に学ぶもう一つの意識」
  • 「天職と出会い、幸せに豊かに成功する 人生の転機の掴み方セミナー」(東京)
  • 「ハンサムウーマンミーティング」(沖縄)
  • 「経営者育成セミナー」(ベトナム)
  • 「奇跡力出版記念講演」(北海道)
  • 「マスターマインド・ワークショップ」(千葉)
  • 「プリンシピアセミナー」(東京・大阪・福岡)
  • 「不況対策7つのメソッドセミナー」(東京・大阪・広島・福岡)
  • 「LAMS型能力分析による人材活用セミナー」(東京・大阪・福岡)
  • 「怒りの正体〜怒りや不快の恐ろしさを知って、 幸福をつくり出すセミナー」(大阪 ・ 東京)
  • 「成功実現セミナー」(東京・大阪・横浜)
  • 「サラリーマンのための10万人起業家創出プロジェクト」
  • 「超意識を体感し、本当の自分の能力に出会えるセミナー」
  • ヴィジョン・クエストセミナー2011」(沖縄)
  • 「敗者復活力出版記念講演」(愛知)
  • 「Do it ビジネスセミナー」(沖縄)
  • 「子育てセミナー」(長崎)
  • 「ビジネスマナー講習」(沖縄)
  • 「いきいきわくわく生きるための コミュニケーションセミナー」(徳島)
  • 「リーダーシップセミナー」(東京・大阪・福岡)
  • 「不況対策セミナー【心の不況を吹き飛ばせ!!】」

10万人の夢を叶えた究極のバイオリズム診断

溝口メンタルセラピストスクール
商品カテゴリー
商品サーチ

RSS 購読

ページの先頭へ