溝口式分析学プレ講座

職業能力適正・バイオリズム診断「無料相談会」

職業適性診断

今後より良くするための参考としていきます。

バイオリズム診断の体験談/40代の方より

性格及びバイオリズム診断をいただき、ありがとうございました。

診断結果を読みながら、頷くことばかりで、ほんとうに驚いております。

型にはまらない「自由主義」。まさに、遠い先の大きな夢や楽しい目標を原動力にして仕事に励むタイプ。そして、自由、快楽、若さ、活力、陽気、元気で、フットワークも軽いほうで、実行力があるという部分も頷けます。お仕事でもその性格が幸いしてかイベント事にかり出されることも多く、イベントを盛り上げることに一役買うこともございました。

嫉妬心や執着心があまりなく、特に(根粘着質の)女性からは「無関心な人間だ」と思われることもしばしばあり勘違いされたこともありましたが、明るさと人づきあいの良さに「さっぱりとして男性的で少し個性的な人だ」と良い印象となり、ビジョンを持ちプラス思考で向上心のある方から可愛がっていただいたことなど思い出しながら、「本当に当たっているな」と感心しております。

これから、自分らしく充実して生きていくためにも気を付けなければいけないところ、身につけるべきこと。今年のバイオリズムでもある「経済」ともあわせ、調子に乗りすぎずこれからの人生、仕事や人間関係も含め、今後に関係することの安定を得ることができるよう、過ごしていきたいと思っております。

バイオリズム診断の体験談/30代(A)の方より

私の診断結果は、「Fタイプ=理想主義」でした。説明を読んでいると、確かに!と思うことがいくつもありました。

例えば、「こうあるべき」と理想を追い求める部分は特に当たっていると思いました。数年前、私はうつ病になりました。そのときに、カウンセリングを何度も受け、認知行動療法を行いました。その中で、私は「べき思考」が強すぎるという指摘を受けていたのです。

「結婚したのだから、こうしないといけない。」
「妻はこうあるべきだ。」

そういった志向が強すぎて、それに耐えられずうつ状態に陥ったのでは、と言われました。

また、「尊敬できる人の言葉には従う」という部分も当たっていると感じました。自分自身が受験戦争や勝ち組、負け組と表現されることの多い時代に育ったこともあり、学歴で尊敬するかどうかを決めてしまう部分があります。自分よりもレベルの高い大学を卒業している人に対しては、尊敬の念を持って接することが出来ますが、そうでない人に対して、どこかバカにしたような態度で接することもあるような気がします。

この診断をもっと前に受けていたら、うつ病にならなかったかな、もっと会社でうまくやっていけたかな、と思ってしまいました。

バイオリズム診断の体験談/30代(B)の方より

温情主義という診断でしたが、大変あたっています。 感受性も豊かで、すぐに相手の気持ちや立場を考え、尊重しています。
また、他人からも、よく気がつく・面倒見がよいと、よく言われています。

サービス業の仕事をしていましたが、その時も、世話を焼きすぎないように言われていました。

また、仕事のできない人にも、時間外でも相談にのったり、教えたりと、自分では当たり前のようにしていましたが、他人からすると、やりすぎだし我慢しすぎじゃないかといわれることもありました。

これも診断結果に書いてある通り、「困っている人をみると無条件で手を差し伸べたくなる」というところがあたっています。

「誰かのために役に立つことが喜び」と書いてありますが、まさにその通りで、人がいるから自分が頑張れるし、行動を続けることができているんだと感じます。
「カウンセラーや介護・医療関係に向いている」とのことで、最近、カウンセリングを学んでボランティアとして、お話をきいたりすることができるようになりたいと感じていたので、この診断結果で背中をおしていただきました。

バイオリズムに関しては、「精算」ということで、去年引っ越しをしたことをきっかけに、人つきあいも大きくかわりました。

今年に入ってからは、一人の時間、夫との時間がふえ、「肉体面も精神面も身軽」と診断結果に書いてあるとおりの状況になっています。

バイオリズムをみながら、今の状況をうけとめて行動していくと、肉体的にも精神的にも無理が少なく、スムーズに物事がはこぶと、感じました。

10万人の夢を叶えた究極のバイオリズム診断

溝口メンタルセラピストスクール
商品カテゴリー
商品サーチ

RSS 購読

ページの先頭へ